更新情報

曲の更新

無料曲

ピアノとクラリネットの切ないバラード曲

オープニングオーケストラ「夜明け」

ピアノとストリングスのほのぼの癒し曲

販売曲

バイオリンの癒しクラシック四重奏ループ可

ファンタジー映画オーケストラ 草原の騎士

太鼓と和風な笛の、風情を感じるお祭り曲

制作曲

無料曲

フリーBGM DOVA-SYNDROMEにて公開中です。BGM等はこちらにて。

また、依頼も同サイトで取引致します。

下記ページでBGM素材一覧をクリック

販売曲

オーディオストックにて販売中です。フルオーケストラなどはこちら

 

音楽動画ランキング 随時更新

映画音楽等に使えそうな和音進行集 1音保持 - DTMオーケストラ作曲者 あきと

 

鍵盤手弾きオーケストラ 「ジュラ紀への旅」 - DTMオーケストラ作曲者 あきと


 

シネマチックオーケストラ 「侵略」



作曲工程の整理 通常戦闘曲 - DTMオーケストラ作曲者 あきと


 

 6

バイオリン+フルート等の楽器の組み合わせ検証①弦楽器+ - DTMオーケストラ作曲者 あきと


 7

 8

 9

 10

 

魔界村、グラディウス、マザーによるオーケストラアレンジ訓練

f:id:revolvingl:20170829213823j:plain

帰省した時に上の参考書を買って読んでました。

左のジャズの本はまだ途中ですが、講義を記録した読み物形式でかなり基礎から学んでいける内容です。難しいもので挫折した人は良さげ。

真ん中のオーケストラの本は楽器の知識から、定番の使い方まで、どちらかというとDTMではなく生オケの方の知識の本です。でもDTMにしろ最初の基礎として読むといいと思います。譜面の例もあるので実際に打ち込んで確かめればより良い!

右の対位法は一番面白そうと思った本で、なんとなくやっていたメロディの重ね方について基礎から学べました。クラシックの和声は中級までやったので、大体の内容は知識としては知っていましたが、改めて対位法の基本についてまとめて整理できました。

 

本を読んで賢くなったところで、さっそく曲を作ってみよう!と思いましたが、オリジナル曲だと作曲部分でいつも力尽きてしまうので、アレンジにしました。じっくり楽器と対位法について考えられるかなと。

で、どうせやるなら昔からやりたかったゲームのアレンジなどを、ということで下記動画。

 

 

 


魔界村、グラディウス、マザー オーケストラアレンジ訓練

魔界村グラディウス、マザーより懐かしの名曲たちをちょっとずつオーケストラアレンジに挑戦。

 

魔界村

 

敵にあたるとおじさんから鎧が取れて、裸にして遊ぶゲームです。幽霊にあたっても鎧が砕け散るという、防具屋さんのお茶目な仕掛けが光ります。さらにクリアしたと思ったら途中に指輪落としたから取りに行けと、なぜか今いる城からではなくスタート地点まで戻るという仕様。いや、指輪探しながらスタート地点方向へ歩いていけば途中で見つかるじゃん!スタート地点まではいかなくてもいいはずじゃん!

 

こちらのアレンジは、3連符のパッセージの飾りつけがポイントの感じです。もともとが3声でかなりの名曲なので音符は基本そのまま、ダイナミックな雰囲気を出せるようなアレンジにしました。ちゃんと対位法のルールを意識しつつ、どっちかというと原曲のほうの分析で勉強になりました。

 

グラディウス

 

オプションという光の玉に追い掛け回されて、なぜか前方にしかバリアがつかず、後ろからやられる尻隠さずなゲームです。レーザーは打った後も自機に合わせて動くというハイテクな兵器です。

 

もともとの曲がリズムズラシのちょいと不思議な曲でしたが、かなり元気なアレンジにしました。インディジョーンズみたいな。ここでは対位法の一種の模倣をところどころ使ってます。メロディの形をまねて裏メロで動くわけです。オプションが如く。

 

③マザー

 

なんかいちご豆腐とかいう、変わったアイテムがあるRPGです。移動の魔法が、走ってある速度になったら飛んでいくというバックトゥザなんとか仕様です。まさかのラスボス自分の攻撃力関係なし。

 

こちらはストリングスのど真ん中のアレンジで、まさに対位法の知識が役に立つ内容です。でも思いっきり平行で上がって行ったりしてますが、まあ分かっていればいいのだよ、禁則だけど大丈夫!っていえればいいのだ。でも綺麗なものを目指せば確かに禁則ど真ん中というのはあまりないかもね。

 

ちょっと3曲は時間かかってしまったけど、めっちゃ楽しかったので、怒られなければまた別のゲームやるかと思います。ではさようなら夏休み。

鍵盤手弾きオーケストラ 「ジュラ紀への旅」

f:id:revolvingl:20170731183338p:plain

人の顔と名前を覚えるのが苦手だ。仕事で半年近く毎週顔を合わせていても、毎回名前を確認する訳ではないので覚えられない人が結構いる。

なので覚えようという努力はもちろんだが、それより名前を覚えていなくても何とかなる方法をあみだしたい。

 

とりあえず現在有効なのは、下の名前って漢字どうでしたっけ?というのがある。名前は知っているんですよ!でも漢字を忘れちゃって聞いているのです風に言うのだ。下の名前の漢字を知らなくてもさして不審に思われなく、そしてどんなに単純な名前(みき、みほ、等)でも、漢字は実に色々なパターンがあるので、質問するのも不自然ではない。流石に上の名前、山本とかだと聞けないので、下の名前なのだ。

 

あとは何人かいる中で、あえて誰にも目を合わせずに書類を見ながら「伊藤様!」と呼びかける方法だ。目を合わせていると私違いますと返されてしまうので、必ずあちらから返事があるまで顔は伏せていないといけない。あくまで書類を見ながら呼びかけていますを通すのだ。この方法だと例えその場に伊藤さんがいなかったとしても不審がられない。伊藤様!→返事なし→初めて周りを見渡す→あ、いないのかという雰囲気を醸し出す→問題なし!

 

一応ノートに特徴と名前を書いてたりするのだが、母、石原さとみ似、とかだとその日によって多少顔の判定能力(自分の)が変わったりするので、今一信用性に欠ける。たまにヨーダ似とか全くの悪気なく書いてしまって、あの人とこの人どっちがヨーダに近いか?と悩むというファンタジックな現象もある。

 

できれば小学生のように服の真ん中に名前と、好きなものでも書いておいて欲しい。カメラで見れば名前も浮き出てくる、そんなテクノロジーはまだか。

 

という想いの後の、今回の動画。


鍵盤手弾きオーケストラ 「ジュラ紀への旅」

タイトル 「ジュラ紀への旅 Journey to the Jurassic」

演奏動画をあげてみたいなと思いつつ、でも楽器演奏なんて大してできないから、MIDIキーボードでいつも入力しているように演奏して、それでなんちゃって演奏動画を作ってみようと思いました。一人ポチポチ鍵盤押して、それらを合わせたらオーケストラになるというのも面白いかなと。

作成手順

①パートごとに簡略した楽器での作曲

(バイオリン、ヴィオラ、チェロまとめて1パート等) 

ほぼ片手演奏想定 (左手CC1入力のため)

 

②指揮動画撮影

100均で買ったLEDライトで

 

③演奏動画撮影&録音

携帯の頼りない録画モードで

 

④AviUtlで最終動画作成

 

 

毎回こういう試みをやると、大抵作曲部分は軽やかに駆け抜け、その後の作業で行き詰ることが多いのですが、今回も②以降が手間取りました。あと深夜にライトを振り回し、その様を撮影していると幽霊でもうつったらどうしようとか。でも20歳までに幽霊は見なかったので多分大丈夫です。霊感はありません。

 

演奏はすべてリアルタイム録音で、クゥオンタイズその他ミスも含めて修正はしていません。オーケストラは音のズレが厚みを出している、という記事を見たので、実験的に全部そのまま素演奏でやったらどうなるか気になったもので。結果DTMだとさほど凄い差が出る訳では無いようでした。演奏が上手ければノリのようなものが作れるかもしれません。

音量は後から調整しています。CC1をリアルタイム録音で同時にいじってますが、さすがに音量までは同時に操作出来ないため。千手観音だった問題ありません。ちなみにCC1を全くいじらない楽器以外は演奏も片手でしか出来ないため、それでも成り立つような内容に作曲しています。

 

なかなか光の球を追っての演奏はタイミングが合わなくて大変でした。オーケストラでは実際の指揮者、他の人の演奏の気配等は重要なんだろうな。でも段々演奏が出来上がっていくのは結構面白かったです。

そして鍵盤を全部撮影する幅の確保ができない為、音はなってるけど画面外の鍵盤を弾いているという悲しみ‥解消するには相当高いところから映さないといけないので、ペットボトルに携帯括り付けただけの今の設備では無理~。

 サビで調子に乗って指揮を×バッテンでやってしまって、後で非常に弾き辛かった笑

 

いつもきっちりクゥオンタイズしてばっかだから、たまにはこういうズレズレ&ミスタッチの曲もええではないか、売ったりできないけど‥あとジュラ紀の恐竜をあまり知らなく、白亜紀の方がメジャーなかっこいい恐竜が多いという個人的発見有。

 

昔ソファで家族と一緒に洋画劇場を見ていた、あの頃を思い出すような曲になったかな。

作曲工程の整理 通常戦闘曲

f:id:revolvingl:20170706121709p:plain

セールを利用してwaves GOLDとKOMPLETE 11 ULTIMATEを買って、ウキウキでインストールしていたら、あまりの手間に風邪ひいて4日間寝込んでました、あきとです。まだ音源40個位残ってる‥フヘヘ

 

てか町医者に診てもらったら、風邪は大したことないけど手が黄色く、黄疸かもしれないからと総合病院への紹介をされ、なぜか勝手にタクシー(もちろん自費)を呼ばれ隣町の病院へ搬送され、消化器系の先生に会った瞬間、黄疸とか全然ないけど何で来たの?みたいな感じになったのだが‥。そして同じようなことが今回で2回目なのだが‥。

ひょっとしたら重病で、今日限り平和な日常とお別れかもしれない、親にはできる限りぎりぎりまで黙っていて心配を最小限にしておくべきか、胃カメラとか尻から恐怖の機器を突っ込まれるかもとか、散々心配したのは何だったのだ。もうやだあの医者。

 

という無駄なドラマをしましたが、今回の動画。


作曲工程の整理 通常戦闘曲

自分の今の曲作成の工程をまとめたものです。いくつか曲を作っているうちになんとなく道筋が決まってきたので、それらをまとめて客観視します。

 

順番に

①アイディア適当演奏期

 

メロ探しはしておいて、その後ピアノのみで適当に、本当に適当に無責任に弾いて流れを考えます。絵を描く前の落書きみたいな物なので、あまりかっちり決めないほうが後で化けやすいという目論見です。ピアノは懐かしのFantom(Roland)の音です。

 

②主要パート要素決定期

 

いくつか曲の分析をしていて、いい曲って結構音楽のパートが思っていたより多くない(ように聞こえる)なあというのがあったので、主メロ、ベース、裏メロ、という3パートを基本に、曲の主軸を考えます。楽器はまだピアノのみで、音符の置き方のみじっくり考えればいいという気持ちです。いいメロ、動きのあるベース、きれいな裏メロと3つ揃えば音楽としては十分成り立つかと思います。

 

③主要パートとりあえず楽器あてはめ期

 

さっき決めた3パートを、合いそうな楽器に分配してみます。

主メロ → バイオリン  (FRIEDLANDER VIOLIN)

ベース → シンセベース    (Trilian)

裏メロ → ホルン+弱TP    (Hollywood Brass)

この段階で非常に頼りない音なので、あれ失敗したかな?と毎回思います。でもまだ希望を捨ててはいけません。俺まだ本気だしてないし、といい年して言っておきましょう。

④楽器そのままとりあえず表現つけてみる&キー決定期

 

とりあえずって表現良いですね、責任から解放されるようで。先ほどの3パートを、楽器はそのまま、エクスプレッション、ビブラート等の表現をつけてみます。楽器は増やさない中で、いかに表現とバランスでまとめるか、みたいな意識です。

しかし弦の刻みの和音は付け足しちゃってます。というのも最初の3パートの要素に和音は含まないようにしているので (最初から和音を登場させると、曲が安定して工夫しなくなるから) ただあまりにもスカスカで、この段階で入れてもいいかなと思ったもので。

 

この段階でキー決定て遅いですね。下手すると演奏可能音域を脱して、音が出ないという事にもなりかねません。しかし楽器音が正式に決定するのがこの段階なので、それ(この場合バイオリン)に合わせてキーを決定したいのです。音符配置はまだまだ修正も簡単な段階なので。

 

⑤その他必要そうな楽器付け足し期

 

前の段階でできる限り曲を安定させて、その後やっと楽器を増やします。

まずメロのバイオリンにストリングスを足して広がりを持たせる

クワイアをpadで

ティンパニで低音アクセント

Eギターで多少力強く(今回ほとんど聞こえないけど)

ドラムでリズムを付けました。

 

てかここでドラムって遅いですね。普通最初にやるよなあ。今回はタマタマドラムがあまり目立たない曲にする関係だったもので後回しに。

 

一応通常戦闘曲なので、あまり派手にしないほうがいいかなあとこのくらいで止めました。てか露骨な盛り上げも要らないかもなあと思いましたが、FFとかも盛り上がりを含む構成のもあるので、まあいいかという判断。

最初静かに入って、途中盛り上がり、また静かになる流れの曲だと、すぐに終わる雑魚が相手の場合は曲の静かな所のみで戦闘は終わり、多少てこずる敵の場合戦闘が長引いて曲の盛り上がり部分へ到達する、となるとそれでいいのかもな、と特に頼まれもしないゲームの想定をしてみる。全体的に優しげな音質のほうがゲームの効果音が映えるけど、効果音が少ないシミュレーションバトルみたいのなら特に関係なしと、ゲームによって変わるのでしょうな。今回のはオーディオストックに出すと思います。

 

⑥飾り付け追加&音圧その他もろもろ調整期

あとはひたすら調整、ミックスとか。オルガンを和音補強、ピアノを主メロ補強で追加して、せっかく買ったアクションストライクやRise&HITの音源も無理やり追加して大体完成です。大体って表現いいですね。完璧じゃなくていいから。本当はもう終わりだったとしても大体完成って言う。

 

というのが最近の流れになってます。最初のアイディアと、3パートの内容が主軸な展開です。そしてやり方はどんどん変わっていくので、それも含めて作曲法として更新していきたいです。

 

映画音楽等に使えそうな和音進行集 1音保持

なんて体調が悪いんだ。風邪気味で悩み気味で足を痛め気味で口内炎が出来気味でコンタクトずれ気味で作曲意欲0だなんてことだ。全部重症じゃないから同情もしてもらえない。泣きっ面に蜂だ。蜂が来るということは外で泣いているという設定になるが、何があったのだ。母親に叱られたのか、そんな蜂がいるようなところで子供を叱らないでほしい。反省するドコロではなくなる。というか蜂が襲ってくるということは彼らのテリトリーに入っていったということなので、勝手に泣きながら蜂のテリトリーを侵して反撃されたというのを災難扱いもおかしかろう。進撃の巨人が親に怒られて泣いている上に、人間に撃たれて災難だと言っているようなものだ。

泣いているときでも周りに注意して行動しなければいけませんよという教訓にするべきだった。正しくは「泣きっ面にも、いやそれはそうと慎重に行動しましょうね」だ!

 

適度に無駄な前置きが終わったので、オーケストラ勉強へ。

よくシネマチックと称される音楽で、私が使う手の中で3和音の中の1音を保ったまま、他の構成音を変えて劇的に他の和音へ変わる、というものがあるので、そいつを色々さがしてまとめました。

ピアノ→オケの順


映画音楽等に使えそうな和音進行集 1音保持

オケの部分はその場の思いつきオリジナルです。

ちなみに今回の和音の探し方は、例えばCの根音(ド)を第3音とする和音はAmとA♭、C→Amは普通のダイアトニック内なので省略、次はCのドを第5音とする和音を同じように‥みたいにしてメジャー、マイナーを組み合わせ、面白そうなものを選んだ感じです。結構数があるように見えますが、逆の進行をすれば相対的に同じになるのが半分位あります。Cを中心にやっていますが、他のコードからでももちろん同じように進行して使えますが、種類によっては普通のダイアトニック内の進行になっちゃう物もあります。

ちなみになんかの理論書を見たわけでもなく、ただの個人的な思い付きのまとめなので、もっとちゃんとした決まりとか種類とか他にあるかもしれないけど、こういうのを聞いているうちに体に染み込んで、実際の曲で思いつく(考え付くではなく)事ができればいいなという思いです。ただ、意味なく使いすぎは安くなるかと思います。

 

今日は洗濯するしかないな!