ほんじつ3/30の、発表会のお手伝いの話

仕事柄、たまに音楽の発表会のお手伝いをします。つい昨日も行ってきました。

f:id:revolvingl:20170330212716j:plain

↑おお、立派な会館、京都ですって。私は神奈川なので全然関係ありません。写真ACで拾ってきました。

まあ、大体こんな感じの市民会館で参加者は下は2歳、上はギリギリ生きてる感じの歳まで幅広くお集まりいただいてる発表会です。裏方的サポートな感じのお手伝いです。

 

過酷なイベントスタッフとも違うので、私は出演者の誘導というなんてことない業務です。時間も3時間少々。

ホールで並べさせられ列でやってきた何も知らない(親がお金払ってますが)彼らを引き継ぎ、舞台袖まで連れて行きここで静かにお待ち!と座らせまた戻っていく、それの繰り返しです。

 

基本子供が多いので色々ありまして、出番直前にかくれんぼをしていてトイレから出てこない(もう出番だよー!まーだだよー、みたいな)とか、点呼で名前を呼んで全然関係ない子が来てしばらくぼーっと暮らしたのち母親に連れていかれたり、袖で待ってる間に渡されたタンバリンをバンバン叩いて大合唱した後に、舞台に上がったら一気におとなしくなって全然叩かない、棒立ちみたいな子とか。何しに来たのだ。

 

そんな事で、大変ではないけどガヤガヤしつつ進行していき、結構それなりに疲れました。しかし途中特に事件もおこらず、最後に先生方が演奏して終わりです。先生方は偉いです。自分で並ぶから。

そして会館入口で皆さんのお見送りをしてさようなら~とお仕事終了です。あんまこの手伝いいらない気がするのだけど、普段家にこもってDTMとかいう事に支配されているから、たまには舞台も新鮮です。

 

そういや小学生の時、私もヴァイオリンを習っていたので舞台で弾いたことはあったなあ。学校の行事で結構練習したけど、伴奏との息が合わなくて途中で止まるという多少トラウマ的な思い出です。子供はとても繊細なので、ちょっとしたトラブルでもすぐ思考停止してセーフモードになってしまうのです。やっぱり演者は向いていない‥

 

作曲っていいね。観客のいる中、プレッシャーに押しつぶされそうな中での作曲、とかないもんね。そのうちエクストリーム作曲とかで、山頂崖っぷちで作曲してその場でネットで配布とかやればいいと思うよ。電波届かないけどな!

オーケストラコピー分析 ET

インフルが流行っているようですが、全くかかったことのない私は話題に入れない‥仕事場にインフルを包み込んでやっつけます!みたいな機器があるけど、机がザラザラしだしたのは、くるまれたウイルスが散らばってるからなのか?エビ1匹は小さいけど、エビフライにしたら結構デッカくなる、あれか!

 

さて、寝言が終わったので去年やってたオケのコピー分析をまた再開します。

今回はETです


オーケストラコピー分析 ET byあきと

 

結構シンプルでしたので、解説もシンプルにします。

シンプル イズ チョッキ です。

 

続きを読む

ほんじつ3/20の、コンタクトの話

私はとっても目が悪いので、高校くらいからコンタクトをしている。

 

使い捨て30個入りで4000円、左右両方で8000円。目の健康を(中途半端に)考えてもっとも高い物にしている。ちなみにコンタクトって感触は、薄いグミ、といえばわかりやすいかもしれない。ブドウ味はしないがグニャグニャのレンズだ。とくに刺さるとかは全くない。値段が心に突き刺さる位だ。

 

決して私だけではないと思うのだが、コンタクト使用者が変に妄想して心配する事の中に、無人島に漂流したらどうしよう、という事だ。ちなみに私はメガネを持ってない。なくしてほってある。

健全な方は、どうやって暮らしていこう、魚を取ろうか、住家を作るのが先か、とかを多分考えると思う。1週間くらいはいけるかもしれない、でもその先を考えて絶望するかもしれない。

 

しかし私はその前に今しているコンタクトが切れるまでのカウントダウンが始まる事になる。無人島に何か一つ持っていくなら何にしますか?メガネ!と

即答だ。

もしくはニンテンドーDSLLだ。大きいから見やすい。

 

もし外すと、顔の認識は息が届く位近寄らなければわからない。不良のメンチの切りあいの最終位置を想像していただければいい。セリフを「テメェなにガンくれてんだよ」を「ああ、この毛穴の感じは君か」に変えていただければいい。

 

なので必死に今のコンタクトをし続けることだろう。目が痛くなってもし続けるだろう。でもかならずエックスデーはやってくる。DSのバッテリー切れ、ではなくコンタクトを外して神になる瞬間が。この世の俗物から解放され、自由になるのだ。目に見えるものに支配されなくなるのだ。心の目で見るのだ。でも心の目も視力0.001なのだ。人の気持ちをあまりわからない人間代表だ。絶望的だ。

 

そうすると無人島に遭難した船がグループだったとしたら、自分の立場は一気に窮地に追いやられる。飛ばない豚はただの豚だ、でも目の見えない人間はただの人間ではない、とてつもない弱者だ。

「飛ぶか飛ばないかよりしゃべってる時点でただの豚ではないんですけど!」という突っ込みの余裕はない。

 

そうした時にどうすればいいか考えたが、もはや私の肉をお食べ下さいしかなくなってしまう。常識や優しさがあるうちは生かせてもらえるかもしれないが、追い詰められれば自分が生き残る本能に従うのは生物の宿命。私の命で皆が生きながらえるならば、いたしかたない。最後くらいカッコよく死なせてほしい。ただ私は皆の栄養になって一緒に生きることになる。忘れないでほしい。

 

f:id:revolvingl:20170320220403j:plain

スーパーに並ぶ肉を見て、私の肉はおいしいのか?と悩む毎日。

 なので食べられないためにも、メガネは作ろうと決心した、そんな日。

ほんじつ3/16の、バイトで会った恐い人ベスト3を楽しく語る話

今現在のお仕事は子供が多い環境のせいか、結構明るい雰囲気で平和な毎日です。子供が椅子で遊ぶのを注意するのがめんどいな~位です。

 

しかし私も以前は色々なバイトをやっていましたので、それはもう意味の分からない変人やおっそろしい方に見舞われたこともあります。その思い出達を振り返り、ベスト恐い人3を挙げてみようと思います。

 

エロDVD借り損ね型恐い人

 

レンタルDVD店でのお仕事は、DVDの貸し出し作業、受取作業、棚に戻し作業が主な仕事です。

そこで私がレジに入っていた時のこと、1人の恐い人がご入店されました。見た目もなかなかいかついです。いかつい度80点です。そのお方がDVDを持って私のレジまでいらっしゃいました。ざ、エロDVDです。しかしまあそんなのはよくあること、なんとも思わず処理していました。まあ男ならお分かりかと思いますが、レンタルエロDVDってこの世のもっとも汚いものベスト3に入るのであまり触りたくはないのですが。

 

そこでその恐い人のレンタルのカードをレジに登録したら、有効期限が切れていたらしくエラーが出ました。

 

恐い人の怒り20%

 

「は?期限切れなんて聞いてねぇけど?知らせのハガキも来てねぇけど?保険証でいいだろ」

「更新には保険証だけではだめなんです」

 

恐い人の怒り60%

 

「いやハガキきてねぇのに意味わかんねぇだろ!」

「すいません、更新しないと借りられないもので」

 

恐い人の怒り100%

 

f:id:revolvingl:20170317000611j:plain

 

 

ギャーーーーでた怒りマックスのエロDVD恐い人の凄みが!

表ってこの店ビルの奥にあるから表出るまで結構歩くし、二人でエスカレータ仲良く乗って行くとでもいうのかー。裏の世界で生きているくせにやたら表に出たがるなこの方々はー!

ちなみに更新お知らせハガキはこの店とは全く関係ない所から出ているので特に私たちの作業ではありません。ハガキなくても更新できるしね。しかしスタッフとしては連帯責任的な感じで謝らないといけないのが辛いところ。

結局店長的な人に任せて、次回更新書類を持ってきてもらうことで貸出OKになりましたが、その恐い人のエロDVDは箱に戻されていたので一つ一つ出してこれでしたっけ?あれでしたっけ?と聞こうとしたところで、さすがに居づらくなったのか借りずに帰りました。

結局敵ながらこの恐い人さん何のために怒ったんだかわからんなあー。

 

スタッフが恐い人だよまいったよ型恐い人

 

お客が恐い人なのは、対応さえ終わればそれで解放されます。しかし店のスタッフが、てか会社そのものがなんか恐い人的な環境だったらどうでしょう。そんな感じの1回ありました。もちろん一応一般の方たちのはずですが。

 

まず、最初に面接後の合格のお知らせからしておかしかったです。ケータイに電話が来る予定だったので待っていました。何か買い物をしてふっとケータイを見たら採用担当の人の着信の知らせが。

ああ来たんだ、と思いつつ見てみると、着信7回…。7回?今だかつて同一人物から7回の着信が溜まったことがありません。そんなに長い間見てなかったかなと思いましたが、時間を見ると15分間の間に7回かけてきています。

うーん、これは要するに、電話する→出ないから切る→電話する、というローテーションを2分位の感覚で7回繰り返したということだね☆普通じゃないね☆よだれ垂らしながらリダイヤルしていたんだろうね☆

 

でも私は不気味に思いつつ、合格の知らせを受け取り仕事を始めましたが、まあこれが大変で…

まず精神的圧迫がすごい!基本商品を並べるだけの仕事ですが、常にスピードの監視をされて、速さを数値化されダメ出しを食らいます。私はかつてパソコン設置のバイトで早稲田出のパソコン1から組み立てられますというエキスパートバイト君の2倍の速さで組み立てをしていた伝説を持つ男ですが、今回それでも通用しませんでした。本人真面目にやってましたが…てかまだ10回も来てない時なのに…

いやまあそんなことはバイトではよくあることなのですが、他にも週2回だけという約束もすぐ破られ、希望の曜日は無視され、一緒に入った仲間は全員辞め、私1人だけ残っていました。

最終的に特に激情で怒られたりはしなかったものの

f:id:revolvingl:20170317001128j:plain

という言葉を聞いて、ええー殴られるのを耐えた英雄みたいなテンションで話しているけど、暴力を容認している会社ってことじゃーん、おつかれさまでーす♡、というわけで身の危険を感じ、不治の病にかかりましたので辞めます、と緊急避難しました。

この時は、なんか辞めちゃって申し訳ないなと本気で思ってましたが、今考えると結構危険な所だったかもしれません。麻痺するんです通常の感覚が。

 

メロンパンナちゃん型恐い人

 

パン屋で窯を担当していた時のこと。窯の人は基本職人的に焼き加減に集中しているだけで、あまり接客はしません。それはかわいい女子高生なんかがレジをしています。そりゃそんな子にパンを袋に入れてほしいのは全人類の望みであるかと思います。

でもたまに人手がなくて私が窯よりヒョイと出てパンを売らないといけない時があります。

ある日レジに入っていると女性客が来て「メロンパン全部ください」と言ってきました。この店は特に1人当たりの個数制限はありません。メロンパンは人気なのでドンドン焼いていきますし、もちろん売りました。

しかしその大量のメロンパンを袋入れしているときに、ざ、恐い人さんご来店なり。袋入れは他のスタッフにやってもらって、恐い人さんとごたーいめん。

 

「メロンパンねえの?」

 

恐い人の怒り30%

 

「すいません、今ちょうど売り切れていまして」

 

「まじかよ、それ目当てに来たのによ」

 

恐い人の怒り60%

 

「すいません、今スグ焼いているところなのですが」

 

「何分かかんだ?え?30分だと?」

 

恐い人の怒り100%

 

f:id:revolvingl:20170317001449j:plain

「テェメーこっちはメロンパン楽しみで来てやってんのに1つもねぇだー!、客の事なんだと思ってんだ、だいたいそこで大量のメロンパン買ってるやなんなんだ、不公平じゃねえかボケ!」

 

ギャーーーーでた割と筋の通っているメロンパンナちゃん型恐い人の凄みが!いやあなたの言うことも大変ごもっとな感じでございますが、店のルールに個数制限がない以上私の判断で売るのを断ることはできないのでございますよ!てかメロンパンでこんな怒る人初めて見たけどーー!なんかそんなに恐くないーーー!

 

確かにここのメロンパンはおいしいからな~と思いつつ、そんなに楽しみにされていてすいませんがまた次回来てください、と言うことで納得してもらいつつ、メロンパンナちゃんに帰ってもらいました。あの人はいい人かもしれん。ぜひ次回は腹いっぱいメロンパンをかっくらって欲しい。

 

というベスト3恐い人の事を何となく思い出した日でした。

ほんじつ3/12の、10万分の1の奇跡の話

日をまたいでしまったが、本日のあれです。

私は音楽をやってますが、特に稼いでもいないので普通に仕事をやっております。そこでのつい先日のお話です。…、あ、特にロマンチックな奇跡ではありません。日常戯言です。

f:id:revolvingl:20170313003932j:plain

 

毎日仕事終わりに、その日の利益を銀行に入金する事になっています。多いときは10万以上、少ないときは数百円。販売というわけではないので差がありますが、大体毎日行きます。その日もいつも通り川崎信用金庫略してかわしんに行きました。そこでATMの画面を、落ちてる髪の毛を華麗にかわしながら操作し(どの銀行もあまり掃除してない気がするぞ)1万チョイ入金し無事帰ってきました。

 

さあ、あとは台帳に書いて終わりだ~、と思って通帳を見ると、入金後の金額が700000となっていました。

え~と、いち、じゅう…70万!ピッタリ。おおー偶然ー。と割とその時は流していたのですが、よくよく考えてみると、この0が5個連続でつくのって結構珍しいんじゃないかな、と思い確率好きな私は計算を考えました。スタッフは私だけな時間なのでそこらへん自由です。

 

えーと1の位が0になる確率は、10分の1、00になる確率は00から99までの100通りのうちの1つだから100分の1、という流れで行くと、5個続くのは

…え?10万分の1?

うそー!まさかそんな低い確率のが今日出る~?いや毎日「今日こそ0がそろわないかな~」と待ち続けて数か月、とかならまだしも、たまたま今日そんな確率のが出る~?と一人でテンションが上がっていました。

 

冷静に考察は続き、0は正直出やすいかもしれない、というのはモノを売るとき、160円とか1000円とか、多少なりとも0の数字が多いのならば、例えば10万円の商品があれば、それが1つ売れればもう奇跡の5つの0が叶うのだ。

と思いましたが、特に0が多い物があるという訳でもなく、通帳の過去の金額を見ても、ほとんど0はどの位にもありませんでした。それこそ数字の10分の1位が0で、まさにバラバラのランダムな数字の通帳記入がずっと続いていて、いきなりの700000の登場です。その日の入金も0は1つだけの金額でした。

 

もし本当に10万分の1だったとすると、通帳には1ページ24行の場所があり、7ページあるので全168回記入ができます。毎日記帳(日曜休み)して1年で2冊位使います。

10万回記帳するとなると、10万÷168≒600 つまり通帳600冊位になり、300年かかります。

毎日かわしんに記帳して300年…

 

そして時はさかのぼる

f:id:revolvingl:20170313014311j:plain

「吉宗様、また鷹狩ですか」

「おお、武芸を奨励する予定だからな、歴史によると」

「まったく昔から暴れん坊で手に負えませんでしたが、大人になっても

相変わらずですね」

征夷大将軍たるもの、いつでも戦ができるよう身も心も鍛錬しているのだ」

「それはようござんす、ところでアンケート集計の目安箱的なやつについての話し合いがあるので、さっそく準備なされよ」

「分かった、先にいっておれ」

「どこへ寄るのですか?」

「ちょっとかわしんへ通帳記入へな」

みたいなところから始まるわけですよ1717年!歴史に詳しくないから調べながらで大変だ!

この時代からかわしんに毎日通うわけですよ。あれ~また00止まりだわ~享保の改革でもするかーてな訳です。

それから200年

f:id:revolvingl:20170313014329j:plain

「パンをよこせ!ロシア革命しちゃうぞ!」

ニコライ2世だって?裏切って労働者側についちゃうぞ!

「さあ、お前も一緒に戦おう!」

「いやちょっとかわしんに行くから」

みたいな訳ですよ。ロシアの川崎エスパシーダハラショー信用金庫に通帳記入しに行くわけですよ。でも揃わない。

さらに100年

f:id:revolvingl:20170313014506j:plain

ああ、ジオパークのBGMコンテスト賞取れなかったよチックショー、てか今度参加のコンピの人2人も受かってるやんけまじかすげー、まあいいもんテーマ曲採用だもん、とぼとぼ、あ、70万ピッタリだスゲー、でも賞取りたかったなとぼとぼ、

300年の時を経て達成!

ていう瞬間だったのかな?という事をちょっと考えました日でした。

計算式がそもそも違う!とかいう時は台無しだよ!

 ちなみに宝くじで10万分の1だと100万当選位っぽいです。まあなんて中途半端。おわり

 

 

ほんじつ3/7のアレ  ブログさいかい

うーむグーグルアドセンスが取れん…取ったらHP改新して~、冷蔵庫買って~、はてなブログ始めて~、冷蔵庫買って~、改名して~、とか計画があったのに、全部止まってて、それはもう全部止まっててもう3月だよ色々おめでとうございます!

 

なのでHPはそういえば特に必要でもなかったのでブログだけまた再開していきます。いままでもちょいちょい、なんか謎のライトノベルみたいなのを書いてたような気がするけど、時間とりすぎだったので、次は

①オーケストラのコピー勉強

②脱線しまくり音楽基礎理論 (作曲本1冊分)

③ほんじつの一言

の3テーマでやっていきます。今までの感じだと毎日やろうとすると挫折するので、やりたい日にやる、という気持ちで一杯です。それはもう一杯です。

 

続きを読む