ほんじつ4/13の、香港の話

グーグルストリートビューを最近ちょっと見ていたりする。あれって色んな道をクリックしてドンドン進んで行くことができるのだけど、海外も普通に見れるというのを全然知らなかったのだ。けっこう面白い。

 

モンテネグロの船見たり

f:id:revolvingl:20170412225353p:plain

香港のお寺見たり

f:id:revolvingl:20170412225451p:plain

 

フランスのエッフェル塔見たり

f:id:revolvingl:20170412225602p:plain

 

というのがかなり多くの世界で見れるのだ。写真と違って、ちょっとあの曲がり角の先どうなってるのかなとクリックして先に進んでいける感じは、ちょっとした冒険を味わえるようだ。

 

まるで病気で寝込んでいる余命3か月少女のようなことをしているかもしれない。実際の海外旅行はほとんどしたことがないが、唯一香港だけは行った。

 

兄と二人で、香港主要都市めぐりツアーみたいのに参加したのだ。とくに旅行好きでもない私と兄だったが、一回くらい行ってみなさいと親より半強制的に行かされたのだ。

旅行は我慢するから旅費だけ欲しかった。

 

とりあえずパスポートを初めて持って空港へ行き、フォービジットだかなんだか英語を駆使し、飛行機が落ちる時用にさよならメールの文面も考えつつ、結構な時間郵送され香港に着いた。多分香港でもど真ん中、日本でいうと東京駅にあたるような所のホテルに泊まることになった。

f:id:revolvingl:20170412231352p:plain

実際、日本とさほど変わらないような光景であった。ビルは高かった。地震、少ないんだろうね。

 

基本英語は通じる。しかし私は話せないので、文系の兄にほんやくこんにゃく大使を任せた。私はジェスチャー大使しかない。コンビニでパン買うも金額が聞き取れず、レジの数字を指でコツコツされる始末だ。金はあるがな!

せっかく来たのだから、一回だけホテルのレストランに1人で乗り込む無謀な挑戦をしてみたが、予約を取ってないよという事を受付に予め用意した英語で流暢に話してやったが、普通に流暢な英語で返し始めたので、一瞬で返り討ちになった。私の発音がすんばらしく完ぺきだったばかりに、こいつ話せるんじゃんというテンションで相手も返答し始めたのだろう。おろおろする私に受付は「予約はいりませんよ」と流暢な日本語でお返しなさった。

 

まあ、話せるのね日本語。

 

で食事はちゃんとできた。鶏肉やらフカヒレやら結構おいしかった。味は多分日本人でも大体大丈夫な親しみやすい方だと思う。香港以外行ったことないのでしったかぶりという種類に属する。

 

ただ、大皿に乗った山盛り焼きそばみたいなの来たから自分でトングで取り分けようとしたら、ウエイターに制止され、取る時は私よんでね、私やるから、みたいな事になった。ええ?毎回よそう度にあなた呼ぶのかい?私の意志では食えないのかい?

でも自分で取ろうとするとアカーン!て店員近づいてくるし、トングはギリ届かない場所に置かれるし、なんだこの風習。日本のコンタクト店員の「出口までお持ちしますね」と2,3歩あるいてから商品を渡す謎のサービスといい勝負だ。誰がどう喜ぶのだ。あの、2,3歩並んで歩く時間は、永遠の時のように長く、おぼろげだ。

 

その後の肝心の香港ツアーのプラン自体は観光地、買い物、観光地、買い物、というなかなかのつめこみツアーだった。買い物、というか買え!物である。次はヨーロッパ,イタリア辺りに行ってみたいものだ。またピザを取ろうとしたらトングを遠くに置かれてしまうのだろうか、多少憂鬱だ。 

ほんじつ4/9の、軽い手術の話

怪我!をしたわけではありませんが、今仕事場でインフルエンザが流行っていて、そういえば自分はインフルにもかかったことないし、入院もしたことがないなあというお話を誰かとしていたので、そうだ昔の手術の話でもかーこうと思ったので、掃除してないキーボードを現在ポチポチ叩いてそれを伝える文字を入力しています。

 

手術!といっても全然重くないです。ただの骨折です。

f:id:revolvingl:20170409230419j:plain

むかーし、私はテニスとかいう職人が磨きに磨きぬいた結果丸くなったボールとかいうものを、水もすくえない、焼き肉も焼けない意味なしの網で打ち合うというスポーツをしていました。

 

そこでかっこよくジャンプサーブをお見舞いして着地した瞬間、足がいい感じにひねりまして、はれましておめでとうございます。私の足がボールみたいに膨らんだ次第でございます。

 

ひょっとしたら放っておけばそのまま足からボールとして生まれてきて、一緒に全英オープンにでる少年漫画の流れだったかもしれませんが、くだらない妄想は置いといて病院行く?行かない?行く!だって心配性だから!と思ったので行くことにしました。

 

ああ、家に帰って一人になったら地味に痛くなってきたなあ、戦争後の兵士の痛みだなあと、自分でジャンプして足ぐねっただけの兵士が、私を慕う執事(母)に運ばれ近所の頼りない大きさの病院に。いや、小さいということは不正をしてないまっとうな病院かもしれん!という変な偏見をかき分けて、足を引きずりにゅうー店。

 

看護婦さんに下の名前で呼ばれ、その後お互い惹かれ合い結婚し子供ができ巣立ち老後の楽しみを何にしようか思案したところまで一瞬で頭でたどり着いた直後に、現実に戻りおじいさん医者の前に座る。おじいさんとはどこにもたどりつかなかった。

 

まっとうな貧乏医者「あーこれは腫れててちょっと状態が悪いねえ、ちょっとかるく手術するよ♡」

 

え?手術ってかるくするものなの?1週間後に設定して、その間にすこし陰のある振る舞いになり、「なんか元気ないね」「‥実は明日手術するんだ」という流れの猶予はないの?

 

という私を尻目にかるい手術の準備がされていく。持っていくからもっtake,連れて行くから連れtake,準備をされていくから準備がされtake,こうやってテイクの意味を覚えてください。という塾講師の声が響く。でも準備がされるという意味はない。

 

よくドラマで見る、何個電気ついてんねん逆エコ多重電球集まり傘、みたいなやつ(伝わるか?)が上にあてられ、なんとなくベッドに横になり、なんとなく手術がされtake。

ああ、麻酔が効いているから大丈夫だ。麻酔は何で効くか医学的によくわからんけど、まあ別にいいじゃん痛いよりアハハ説なるものを聞いた事があるような気がするが、大丈夫だろうか。

 

でも大丈夫だった。手術は数分で終わり、もう帰って!夕ご飯だから!状態だ。

 

ただ、ここでおじいさん医者がどうやら出すべき松葉杖を忘れて出さなかったようだ。私はこれでいいのかな~?と思いつつ足をピョンピョンさせながら帰っていった。今思えばなぜ気づかなかったのだ。そんな骨折者、ドラマでも見たことがない。

 

結果足の状態はやはり悪化し、夜は痛みで謎の図形が目の前を回転してずっと見えるという幻覚症状が出て眠れなかった。丸い球がみえたらスイングをしていた。危険な状態だ。さらにまた足からボールが生み出せそうな、全英オープンの道が見えてきたので再び医者に行って杖をもらった。

え?なんで松葉杖無いの?と若い医師が笑っていた。そう、笑っていた。その後は順調に回復し、完治した。

 

そんなわけで、入院するほどではなかったけど、初めて手術をしたり幻覚を見たり、にしこり選手になりそこねた、そんな話。

ほんじつ4/5の、上野に行った話

最近作曲の為、休み中家に籠ってて順調に死にたくなってきたので、上野に♭散歩に行った。ふらっと、と読む。

f:id:revolvingl:20170405222359j:plain

そんなに近くないのだけど、動物園もあるしたま~に一人でぶらつきに行くスポットだ。桜が満開で、とっても煌びやかだったが、人もいっぱいで大変だった。

不忍の池では侵入社員らしき人たちがボートを漕いでいた。上手く会社に侵入できて何よりだ。中には中高年のオジサンと際どい黒ビニール服着たシャッチョーさん発言に代表される国籍の方もボートを漕いでいた。こんな解放的な場所で見るとあの方々は日光に当たっても消滅しない存在なのか心配になる。意味が分からないがなんとなく。

 

一応来たからには動物、みるかあと行ってみる。

 

入口すぐにパンダがいた。たれてないパンダだ。人からあまり見えない所で寝ていた。元気な時は草木の中をでんぐり返しし、木を根っこからズボッと抜いたりして遊んでいる。戦っても勝てる気がしない。基本戦って勝てるかどうかで動物を鑑賞する。皆そうだと思っている。

 

猫と戦う場合でも人間は刀を持ってやっと対等の戦闘能力だという。つまり最強の生物とは刀を持ったゴリラだ。想像してみてほしい、刀を持った大量のゴリラが私達の町を襲っている姿を。4本の手足で素早く近づき、刀を持ってないほうの手でグーパンチで1発だ。

な、何のための刀だ‥といって人々は倒れていく。そして世界はゴリラであふれ、人間はバナナを作ることだけに従事させられる。いいバナナを作れる人間はそれなりに権力が与えられ、いいバナナを作れない人間にも生きる権利を与えてくれとバナナ職人No1がゴリラのリーダーに提案する。もし断ればもうバナナは作らないと脅すのだ。

f:id:revolvingl:20170405234358j:plain

しばらくはバナナ職人のいう通り人間を生かしておいたが、バナナ職人No2の家族を捕えて、No1のバナナの作り方を盗んでくるよう仕向ける。そこまでバナナにこだわりのないNo2なら家族のために従うだろうとゴリラは踏んだのだ。

 

無事No1からバナナレシピを盗んだNo2はゴリラリーダーに認められ、No1はもう必要ないから始末するように伝えられる。元々はバナナ作りはNo1から教わったのだ。だから今まで生きてこれたのに、自分はそんなNo1をこれ以上裏切るのか、そう葛藤しつつNo2はNo1を手にかけてしまう。そしてNo1の部屋からあるノートを見つけ、そこに書かれていた新型バナナの情報に気づく。そのバナナはゴリラの息の根を止める秘密が隠されていた。

 

いや全然関係なくなっちゃった。だいぶ前から散歩全然関係なくなっちゃった。

 

という妄想もしつつ動物園を一回りし、屋台で原価100円くらいの肉的な串を600円で買って帰った。早く帰って新型バナナの研究を進めないと人類が危ないのだ。いや曲作らないといけないのだ。

 

という事を考えてた上野の日の話。

バイオリン+フルート等の楽器の組み合わせ検証①弦楽器+

運動不足なのでまた夜の街を走らないといかん。途中人に会うと、いや走ってませんけど私、という顔で早歩きで曲がり角まで行って曲がった瞬間ダッシュするのだ。もう2度と会わないようにな!ついでにパンチしながら走れば腕の筋肉も付くかなという、その姿を想像するととても不審者以外の何者ではないな!

 

寝言が終わったので本文です。オーケストラは楽器が多いので、一つの旋律を複数の楽器で弾くような事が多いです。その組み合わせについていくつかやっていきます。

まずは弦楽器+何か   メロディ高い音、低い音→次の楽器へという順番


楽器組合せ1 弦楽器+

 

それぞれコメント

 

①+ピッコロ

 

木管は基本弦との組み合わせがとてもいい気がしました。弦楽器があまりはっきり輪郭が聞こえない時など木管で補強すると自然に前に出せて響きもきれいです。DTMの場合は音量が自由なので、このあたりの調整も楽かと思います。

ピッコロはとても高音がクリアでハキハキしてますので、合わせるとより軽快なフットワークになると思います。早く動くパッセージなどでも問題なく合わせられます。街中でピッコロって言ったら緑の方が有名になって久しいですが。でもタンバリンはまだ楽器のほうが有名だな。

 

②+フルート

 

個人的にはピッコロより少し強めの主張に聞こえました。てか持ってる音源がそうなんでしょうな‥アタックのザラザラ感があるからかと思います。さらに弱奏も綺麗ですし、静かな所での合わせは効果的かと思います。ソロよりか弦があったほうが世界観が広く保たれます。ソロだと太平洋に一人ぼっちみたいなシンプルな響き、もいいけど。

 

③+クラリネット

 

クラリネットはあのボワッとした感じが好きですが、どちらかというと低い音程の方が混ざりがいい気がします。音がやさしめなので溶け込む感じは1番かもしれません。自分の子供にそうだ!クラリネットあげようって思うことあるんですかね?どうしたんだパパ。そんな高いのあげた挙句音が出ないってパニックじゃん。高い着物着てレストラン行って、店員がコーヒーこぼしたらハイ弁償!みたいな手口。

ドとレとミとファとソとラとシの音が出ないなら、シャープつけた音だけで中華風でも吹いておけ!

 

④+ファゴット

 

ファゴットで合わせたことないや‥でも低いほうのファゴットらしい音程での合わせは結構良いなと思いました。弦とオクターブ違いになっても対比になっていい味が出るかと思います。でも実際曲作るとファゴット1回ファーふいて終わりみたいな、ないがしろ感が毎回あるなあ。低いけどベースとしてしっかりオーケストラを支える、ってほど威力はないから、低い音をメロディアスに出現させるという事についてあまり考えてないのかもしれん。

 

⑤+トランペット

 

サビでの盛り上がりでよく使います。基本主役の方を大きめにして、どちらも全く同じ大きさには私はあまりしません。なんか個性を打ち消しあう気がして‥そういう意味ではオクターブ違いはいいかと思います。弱奏なら混ざりもよさそう。

 

⑥+トロンボーン

 

音源的に結構強めの音がでる楽器ですが、凛々しい音がするので穏やかな弦と合わせて対比のようにトロンボーンを浮き上がらせるとか良いかもしれません。基本トランペットと合わせて使うことのほうが多いですが。金管は強奏でバリバリすると全体がそれだけの音になっちゃいます。

 

⑦+ホルン

 

既存曲の分析をするとかなりホルンは出現するのですが、弱めの穏やかな音は特に弦と相性がいいかと思います。弦の和音はサラサラ感、ホルンの和音はほわほわ感、合わせるとまた広がりが出るかと思います。主旋律でも合わせて使えるから、そりゃ使うよね。

 

⑧+チューバ

 

低い音でコンバスとかと合わせて迫力を出す、とかかな。弱奏の高い音は結構哀愁があって合わせもいいかと思いますが、全体的に高い音同士のほうが混ぜ合わせる事による新しい響きの恩恵を受けやすいように思います。低いと全部一緒に聴こえてくる‥もちろん金管特有のバリバリ感は弦では出ませんが。ほわほわとかバリバリとか頭のよろしい表現が多いな。

 

⑨+ハープ

 

ハープとの合わせはそういえばあまりやってこなかったな。中間くらいの音程が一番綺麗に合わさる気がして、結構使えそうな清純な響きになると発見しました。高いとキンキン、低いとドゴドゴがすごい。音源の問題か?基本弦の和音にハープのアルペジオで合わる、という使い方しかしてない私。

 

⑩+グロッケン

 

これまたサビでのキラキラによく使います。なんか弦と合わせるとドリーミンなファンタジーに。低いほうはあまり威力がないので高い音での使用で耳がキンキンします。基本EQでカットしちゃう。全楽器の中でもかなり強そうな印象の名前ですね。俺が最強の皇帝、グロッケンだ!みたいな。関係ないけど。

 

⑪+マリンバ

 

グロッケンよりかキンキンしないので、合わせやすいです。演奏者は大変だろうけどね。タイミングが。QLSOは雑音が‥特にちょい低めの音程がとっても混ざり具合がいいな。アドリア海が思い浮かぶようだ‥川崎から出たことないけどな!

 

⑫+シロフォン

 

これもサビで定番の組み合わせです。コンカラコンカラとアタックの強く、ファンタジックな音が好きでよく使います。輪郭が薄い時にさらっと入れると結構効き目があります。たたく系楽器はDTMの時はちょっと弦より遅らせるといいかもね。

 

 

次やるときは更にほかの楽器+金管中心でという予定です ( ^^) _U~~

ほんじつ3/30の、発表会のお手伝いの話

仕事柄、たまに音楽の発表会のお手伝いをします。つい昨日も行ってきました。

f:id:revolvingl:20170330212716j:plain

↑おお、立派な会館、京都ですって。私は神奈川なので全然関係ありません。写真ACで拾ってきました。

まあ、大体こんな感じの市民会館で参加者は下は2歳、上はギリギリ生きてる感じの歳まで幅広くお集まりいただいてる発表会です。裏方的サポートな感じのお手伝いです。

 

過酷なイベントスタッフとも違うので、私は出演者の誘導というなんてことない業務です。時間も3時間少々。

ホールで並べさせられ列でやってきた何も知らない(親がお金払ってますが)彼らを引き継ぎ、舞台袖まで連れて行きここで静かにお待ち!と座らせまた戻っていく、それの繰り返しです。

 

基本子供が多いので色々ありまして、出番直前にかくれんぼをしていてトイレから出てこない(もう出番だよー!まーだだよー、みたいな)とか、点呼で名前を呼んで全然関係ない子が来てしばらくぼーっと暮らしたのち母親に連れていかれたり、袖で待ってる間に渡されたタンバリンをバンバン叩いて大合唱した後に、舞台に上がったら一気におとなしくなって全然叩かない、棒立ちみたいな子とか。何しに来たのだ。

 

そんな事で、大変ではないけどガヤガヤしつつ進行していき、結構それなりに疲れました。しかし途中特に事件もおこらず、最後に先生方が演奏して終わりです。先生方は偉いです。自分で並ぶから。

そして会館入口で皆さんのお見送りをしてさようなら~とお仕事終了です。あんまこの手伝いいらない気がするのだけど、普段家にこもってDTMとかいう事に支配されているから、たまには舞台も新鮮です。

 

そういや小学生の時、私もヴァイオリンを習っていたので舞台で弾いたことはあったなあ。学校の行事で結構練習したけど、伴奏との息が合わなくて途中で止まるという多少トラウマ的な思い出です。子供はとても繊細なので、ちょっとしたトラブルでもすぐ思考停止してセーフモードになってしまうのです。やっぱり演者は向いていない‥

 

作曲っていいね。観客のいる中、プレッシャーに押しつぶされそうな中での作曲、とかないもんね。そのうちエクストリーム作曲とかで、山頂崖っぷちで作曲してその場でネットで配布とかやればいいと思うよ。電波届かないけどな!

オーケストラコピー分析 ET

インフルが流行っているようですが、全くかかったことのない私は話題に入れない‥仕事場にインフルを包み込んでやっつけます!みたいな機器があるけど、机がザラザラしだしたのは、くるまれたウイルスが散らばってるからなのか?エビ1匹は小さいけど、エビフライにしたら結構デッカくなる、あれか!

 

さて、寝言が終わったので去年やってたオケのコピー分析をまた再開します。

今回はETです


オーケストラコピー分析 ET byあきと

 

結構シンプルでしたので、解説もシンプルにします。

シンプル イズ チョッキ です。

 

続きを読む

ほんじつ3/20の、コンタクトの話

私はとっても目が悪いので、高校くらいからコンタクトをしている。

 

使い捨て30個入りで4000円、左右両方で8000円。目の健康を(中途半端に)考えてもっとも高い物にしている。ちなみにコンタクトって感触は、薄いグミ、といえばわかりやすいかもしれない。ブドウ味はしないがグニャグニャのレンズだ。とくに刺さるとかは全くない。値段が心に突き刺さる位だ。

 

決して私だけではないと思うのだが、コンタクト使用者が変に妄想して心配する事の中に、無人島に漂流したらどうしよう、という事だ。ちなみに私はメガネを持ってない。なくしてほってある。

健全な方は、どうやって暮らしていこう、魚を取ろうか、住家を作るのが先か、とかを多分考えると思う。1週間くらいはいけるかもしれない、でもその先を考えて絶望するかもしれない。

 

しかし私はその前に今しているコンタクトが切れるまでのカウントダウンが始まる事になる。無人島に何か一つ持っていくなら何にしますか?メガネ!と

即答だ。

もしくはニンテンドーDSLLだ。大きいから見やすい。

 

もし外すと、顔の認識は息が届く位近寄らなければわからない。不良のメンチの切りあいの最終位置を想像していただければいい。セリフを「テメェなにガンくれてんだよ」を「ああ、この毛穴の感じは君か」に変えていただければいい。

 

なので必死に今のコンタクトをし続けることだろう。目が痛くなってもし続けるだろう。でもかならずエックスデーはやってくる。DSのバッテリー切れ、ではなくコンタクトを外して神になる瞬間が。この世の俗物から解放され、自由になるのだ。目に見えるものに支配されなくなるのだ。心の目で見るのだ。でも心の目も視力0.001なのだ。人の気持ちをあまりわからない人間代表だ。絶望的だ。

 

そうすると無人島に遭難した船がグループだったとしたら、自分の立場は一気に窮地に追いやられる。飛ばない豚はただの豚だ、でも目の見えない人間はただの人間ではない、とてつもない弱者だ。

「飛ぶか飛ばないかよりしゃべってる時点でただの豚ではないんですけど!」という突っ込みの余裕はない。

 

そうした時にどうすればいいか考えたが、もはや私の肉をお食べ下さいしかなくなってしまう。常識や優しさがあるうちは生かせてもらえるかもしれないが、追い詰められれば自分が生き残る本能に従うのは生物の宿命。私の命で皆が生きながらえるならば、いたしかたない。最後くらいカッコよく死なせてほしい。ただ私は皆の栄養になって一緒に生きることになる。忘れないでほしい。

 

f:id:revolvingl:20170320220403j:plain

スーパーに並ぶ肉を見て、私の肉はおいしいのか?と悩む毎日。

 なので食べられないためにも、メガネは作ろうと決心した、そんな日。