読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

作曲者 あきと  

脱力書き物

ほんじつ5/4の、M3とストップウォッチの話

4月30日にM3という音楽系即売会がありまして、会場に足を運びました。

 

何年かご一緒させてもらってるサークルさんに1曲参加したので、ご挨拶もかねて初めてじっくりとお話が出来ました。ほぼ全員の方が初見でしたので、すぐに脳の容量を超えて一周まわってボケッとしてました。しかし、アイコンが実際の姿だといつの間にか誤認識していた状態が、一気に顔が思い浮かぶようになって新鮮です。

 

基本人が多くてもう記憶があまりありませんが、心拍数がお坊さん並と医者に太鼓判を押された私は、テンション低く見えたことでしょうな。昔自転車で車と

側面衝突して、4m位吹っ飛ばされた後に起き上がった私から出た言葉は、

「(へこんだ車見て)スイマセン、これって弁償でしょうか?」だったなあ。

そして幾つか撮ってもらった写真が全て眠そうな表情。おかしい。心の笑顔と差異がある‥

という覇気のない私ですが、また次回行けたときはよろしくお願いいたします。現在購入したCDを拝聴中♪

 

以下全然関係ないほんじつのアレ

 

今GW中で休みの人も多いかと思います。毎日遊びに行く方もいれば、ほぼ家にいる方もいるかと思います。

私は家でほぼ作曲をしていますが、よくあるのがダラダラ無駄に時間を過ごして、今日も何も進まなかったなという罪悪感に苛まれるという全国民必須行事。

 

いい加減この虚無感から解放されたい。

 

ということで、1日の満足度を高く保ち気持ちよく生きていけるような時間のメリハリをこしゃくにも作る為に、ストップウォッチを導入しました。カウントダウン(10、9、8~)とカウントアップ(1,2,3~)だけができる、シンプルなキッチンタイマー(+ネットのフリーソフトのタイマー)

 

f:id:revolvingl:20170504212352j:plain

なんでストップウォッチかというと、問題が起きたらまず記録をとる、というのは解決のはじめの一歩として役に立つことが多いかと思います。太りすぎてダイエットしたければ、1日に食べた物をすべて書き、カロリーの合計の概数も記録してみる。その生活を数か月続ければ多分痩せると思います。(ただ毎日やるのは想像以上に苦痛な作業です)

 

何となく不安があるときは、なぜそんな気持ちになったか、最近あったことを全部書いてみる。結構なんてことない中に原因があったりします。原因がわかれば本当に不安に考える必要があるか、原因を取り除くにはどうするか、と次のステップに進めます。もしくは、前もそんなことがあったけど、時間がたったら治った、という記録があればさほど動じずに済みます。原因がわからないとより不安は強く感じます。

 

なんかエセカウンセラーみたい。

 

そして、1日をダラダラしないで充実した日にするには、時間の記録をとるのだ!1つの作業に何時間使ってるか、些細なことに無駄に時間を費やしてないか。見えない時間を数字に可視化して管理するのだ!

 

実際は普通にストップウォッチ押してから作業するだけです。ちなみにカウントダウンとアップがありますが、ここで昔の体育教師の声が蘇ります。

 

「先生だって嫌いなものはあるけど、給食は全部食べてるぞ!」

 

‥でなく

 

「先生だって女性の裸は好きだぞ!」(道徳授業時実話)

 

‥でもなく

 

「マラソンは、カウントダウンで残りの周を数えたほうが精神的に楽だぞ」

 

という言葉。

 

f:id:revolvingl:20170504212820j:plain

なるほど、完全に人によるが確かに1、2、3、と数えると残りがどの位か瞬時に認識できず、不安の中でドンドン数字が増えていくというのはゲンナリしてくる、というのは分からないでもない。もう5周も走ったのに、もう6周も走ったのに(まだまだ残りがある)という感じ。

 

10、9、8と数えれば、残り5周、残り4周と瞬時に残りが把握でき、自分の力で困難の数を減らしている、という意識でなんか前向きに捉えられないだろうか。まあその人の感じ方次第だよね。

ただダウンとアップで感じ方が違う、というのは誰しもあるのではないか。なら楽に感じるほうで計るのがいいかもしれない。立派な気休め理論だ。

 

なので私は作曲時間をカウントアップ1,2,3で計り、休憩時間をカウントダウン3,2,1で計っています。あれ?なんか言ってることと逆なような。ま、まあマラソンとはまた状況が違って、まず作曲時間については特別きつい作業というわけでもなく(好きでやっているので)変なことに時間をかけてしまったり、無駄な放心状態(何があったのだ)を少なくしたりする為に、いまこの位時間を使ってますよ、というのが分かるほうがいいのだ。

そして休息はできれば長すぎないように注意する必要があるので、あらかじめ30分とか設定しておいて、午前中はこの30分の休息をうまく使って、10分×3でもいいし、15分×2でもいいし、とにかく30分を守る!という意識で設定をする。数字がどんどん減っていくとまずい、戻らなきゃと思う訳です。カウントアップだともう30分休んだし、もう10分も同じさ~となるのです。熱中してると逆に全然この数字が減らないから、もう休憩しないと気付かないうちに集中力が減っている、というのに気づきます。

 

ということをやっていくと、実際1日で集中して作業できるのって自分は6時間位かなというのが分かります。これを超えて作業する場合は後半は集中力がいらない内容を持ってくるといいかもしれない。

 

加えて、1曲作る中でも特に集中力が必要な内容と、時間はかかるが単純作業でできるものとがあるかと思いますが、やはり前者を早い時間帯に持ってくるのが自然な流れかと思います。

 

ということは1曲1曲作っていくよりも、複数曲同時に作業をすると今自分の気力で出来る作業の選択肢が増える、という意味でいいかもしれません。

 

ただ私は気分のノリ、というエネルギーも考えると2曲同時位が限度でした。あまり増えると1曲1曲への想いが薄れ、全然まとまらない曲が3つも4つも溜まるとかえって気が重くなります。

 

少しずれましたが、そんな感じで時間の記録をしつつ作業をすると、具体的に今日は何時間作業している、とか1曲平均5時間で出来る所3時間でできた、とか分かるので何となくダラダラしてしまった虚無感は減りました。

 

‥ただまあ一発で虚無感から解放されるのは単純に「早起き」でしょうな。それも合わせると、学生時代の時間割ってすごい充実した1日を送れるような内容だったのではないかなと改めて思います。もうお昼の段階で4時限も勉強してるんですから。そして休息もきっちり挟んでいる。

 

f:id:revolvingl:20170504213929j:plain

(写真ACから持ってきた時間割、パワーアップタイムって何?笑)

最初に時間割を決めた人はすごいなあ、という事を考えた今日。