ほんじつ5/24の、創造泥棒?の話

仕事も新年(5月~入れ替わり)を迎えまして 、新しいおきゃっさんの名前が覚えられないあきとです。家族でいらっしゃるので、誰か一人でも特徴的な顔なお顔をされていればそれキッカケで覚えられますが、美人様でも逆美人様でもないと非常に困ります。お母さんが特徴的だと一緒にいるお子さんは~ちゃんだねーと分かりますが、たまにお父さんと来たよ!という時はお子さんも誰や!となります。顔は知ってるけども。

 

今日猫ファンタジー動画を作って、オーケストラ勉強の方に書こうと思ってましたが、あまり書くことないのでリンクだけ載せときます。オールフリー素材で頑張りやした。

 

 

f:id:revolvingl:20170524215833j:plain

ほんじつのアレですが、最近窓の鍵が壊れまして、非常に防犯上こころもともとない生活になってしまいましたが、特に盗られるものもないのですぐには直しませんでした。が、なんかちょい怖いことがありまして。

 

出かけるときは、壊れてとれた窓の鍵はガムテープで固定して出かける、というのが日課になっています。一応それで窓は開かないし、開いたとしても鍵が落ちるので泥棒の存在には気が付くだろうと思っていました。

 

そしていつものように戸締りし、仕事に出かけて夜に帰ってくると、部屋の電気がついていました。あれ、つけっぱなしだったかなと思いましたが、それが2回ほど続きました。

 

普通に電気を消し忘れたならそれで終わりです。明るいうちに出るから確かに電気がついていても気付きにくいです。しかし2回も忘れるかな。

 

もし泥棒が入ったとしたら、窓からか?

窓をガタガタやって鍵がポロッと落ちれば侵入は出来ます(出来んのか) しかしその後また外に出るときに窓から出たのでは鍵が落ちたままなので形跡が残ります。それはなかったので玄関から出るしかありません。失敗したことに帰った時に鍵がかかっているか確認せず開けていたのでそれは分かりません。が、可能なパターンです。

 

ただ、そうすると犯人は窓の鍵をちゃんと元に戻してから出て行ったことになります。なかなか用心深いです。どっちにしろ玄関の鍵は開けっ放しになりますが、窓に比べると玄関は閉め忘れで処理されやすい事を狙っていると。

しかしそんな用心深い犯人が電気はつけっぱなしというのもおかしな話です。そしてそもそも電気をつけるという事は、つけなければいけない時間帯、夕方以降の犯行ということになります。目立ちたくない犯人がわざわざ電気つけて存在をアピールなんてしたくないはずです。でも夜ならつけなければいけない。もしかしたら帰宅時間と近かったかもしれないと思うとゾッとします。

 

最初、うわ!部屋荒らされてる、と思ったもののそういえば元々それ位散らかってたわ笑 という話を仕事場でしたら、玄人の泥棒は財布を見つけても、数万だけ盗って後は残しておいて、自分の勘違いと思わせるテクニックがあるから、変わってないように見えて何か変わってるかも、と元泥棒みたいなアドバイスをくれましたが(あの人が犯人じゃないの)特に金目の物何もなくなってません。

 

ということはわざわざ危険を冒して侵入して、部屋のもの何一つ位置を変えないように注意しつつテレビでも見て過ごし、お金も盗らず、食料も盗らず、暗くなってきたから電気ポチットつけて快適に暮らし、そろそろ帰ろ~あー電気つけっぱなしだまあいいかーさよならーと帰って行ったというのか。なんなのだ。私のファンか。

 

という推理小説かじりの素人考えを一通りして、やはり不気味なので鍵は直しました。盗撮?も考えて部屋を探すも、見つからず、てかだれが興味あんねん。ファンか。

 

‥ただの電気消し忘れな気がする。という事を考えた日。